カットで相談が多い事例【ハチ張り・絶壁】をどうにかしたい。

ハチ張り・絶壁とは??


もう、例に出ていただくのが申し訳ないくらいのどビンゴなハチ張り、絶壁のお客様。

こういった感じの頭が四角く見えてしまう方です。
なんだかトップがペタンとして見えやすく貧相な感じに見えます。
この状態から今回はちょっとした変化で頭の形をよく見せていきます。

ハチ張りはカットでどうにかなる?

ハチ張り・絶壁のお客様はほとんどが骨格の問題。
骨格と言ってしまえば言い訳に聞こえてしまうのですがその人の骨格を理解してカットをしていくというのが主な手段。


頭のハチと呼ばれる部分。
この部分が張っている(飛び出ている)、もしくはトップが平らになっている。

という事。
ハチ張りさんには何よりもトップにボリュームが出て見えるようなカットをする。

このような雰囲気ですね。
それともうひとつ。

うえむ
縦横の対比で考える。

トップが高くなるということは頭の形が長く見えやすくなってしまいがち。
なのでここでしっかり計算しておくのが横幅。

この横幅を無視してしまっては先にも述べた通り縦長になりすぎてしまいボーイッシュになってしまいます。

絶壁はカットでどうにかなるか?


こういう状態ですね。

この絶壁に対しては

頭のてっぺんの部分からくる丸みを強調してあげる。

絶壁さんのちょっとしたことでモチを良くするポイント

えりあしの締りをしっかり付けるという事。
しかし、真横から見ただけではなかなかわからないと思うのがこの部分。

耳後ろからちょっと上のあたり(丸で囲んでるあたり)の厚みをしっかりカットする事。

ここをしっかり締りを持たせることでさらに後頭部の厚みがまして見えるので絶壁さんはココ重要!

ハチ張り・絶壁さんのビフォーアフター

ハチ張りのbefore→after

絶壁のbefore→after

一目瞭然ではないでしょうか??

ハチ張り・絶壁さんのまとめ

要するに骨格をよく見てカットしてもらう。
そして、それでもどうにもならない場合にトップ(頭のてっぺん)にポイントパーマなど進める場合もあります。

ハチ張りさんにオススメのポイントパーマ

ほんとにトップの部分だけ。
長さに応じて巻くロットの大きさは変えますが

こういう立ち上がりが出るのでお手入れも楽。

ロングの方向けもそのうち書きますのでしばしお待ちを…(´▽;) '‘`

頭の形で悩んでいる方は是非こちらからご予約ください。

Web予約はこちら
↓↓↓

上村公式LINE
髪のことや相談、質問などはコチラから
↓↓↓

友だち追加

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。