スタイリストの責任

いろいろ考えて見た結果。
こんなとこかな
と、思うようなこと。
でも自分が当てはまるかどうかww

スタイリスト

洋服のこと、プロポーション、髪質、骨格、季節と湿度によるデザイン、ライフスタイル

これらすべてがヘアデザインに関係します。これらをわかった上でデザイン作りに合格した人が

スタイリスト(初級技術者プロとしての)合格ラインだと思う。

トップスタイリスト

多くのお客様から支持され、得意なデザインを持ち、色々な要望にこたえられる

旬なヘアデザイナーしかも自分自身人間として多くの人に好かれる要素を持ち

デザインに対して、生き方に対しても、少し哲学的な領域に確立できつつある人の事なのでは?

ディレクター

10年以上のキャリアをもち、ナチュラル、フェミニン、ボーイシュ、モダン、カットだけではなく総合技術にも精通しているキャリヤーの持ち主、サロンを代表するヘアデザイナーです

一つのことに対してわかりやすく語れる人。

クリエイティブディレクター

お客様の気持ちの理解はもちろん髪の毛の心を読み取り、髪の素材作りから

内面に隠れたお客様の本音の部分まで理解しデザインを作ることができファッションから音楽、インテリアまですべて網羅でき、アイデアと造形学に精通して誰もが認める人格ができている人を指す。

特に分ける必要もないかもしれませんがある程度自分の目標、羅針盤になるのでは無いでしょうか。

本来プロとは、スポーツの世界でもトップランクの人はヘアデザイナーで言うところのクリエイティブディレクターの人格と、その仕事に対しての研究と努力で成り立っていると思います。

常に自分の事を照らし合わせながら日々精進していきたいと思います。

IMG_0487.JPG

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいねしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。