Rカラーを、白髪染めでやってみた。

Rカラーとは

InR(インアールテクノロジー)とは有効成分を髪の毛のコルテックス内部深くまで運ぶ新しいデリバリーシステム。これにより、カラー剤などが施術中髪内部で作用している間にも毛髪へのダメージを抑えます。

出典…NASH CORPORATION

詳しくはこちら

R | 美容メーカー | 株式会社ナッシュ / nash corporation【オーガニック志向の美容商材と美容室経営サポート】

美容メーカー | 株式会社ナッシュ / nash inc.【オーガニック志向の美容商材と美容室経営サポート】ナチュラルハーブカラー/HC+Pro/ストレメント/nacIRON/整頭術/アミノハーブ/オーガニックハーブティー/ガンマ 美容器具/ナッシュ/nash/宇都宮/東京

で、カラーとかブリーチとかにこの【R】と呼ばれるものを混ぜる事でこれまでのカラーの仕上がりと断然変わるって事です。

カラーのお客様の7割以上がグレイカラーのお客様の僕はブリーチとかハイトーンとか実はあまりいなくて今までちょっとこの手のモノは敬遠していたのですがなんかちょっと気になって試してみました。

実際の仕上がり。。。
before

after

(´-`).。oO(わかりずれぇ…

うえむ
そうだ!こういう時にフキダシ!

いや、フキダシ機能じゃなくてBefore After機能!!

うえむ
。。。
うえむ
わかりずれぇ…

ボリュームを出した感じってなんでこういう写真じゃわかりずらいのでしょう…

うえむ
結局こうなる。。。
これならなんとかわかるか?

Rカラーが実はグレイヘア(白髪染め)に向いている理由

Rカラーのいい所はカラーのダメージを90%以上カットしてくれというところ。
グレイカラー世代では髪の毛が徐々に細くなります。

年齢とともに変わりゆく髪の悩み。

2015.04.17
コチラを参考に↑

ですし、グレイカラー世代のお客様は大体が4週間~二ヶ月くらいの頻度で繰り返し根元を染められる方が多いです。

うえむ
早いお客様は2週間ほどで染にいらっしゃる方もいらっしゃいますが…
まぁ、ちょっとそれは置いておいて…

そこでRカラーのテクノロジー


カラーやブリーチの施術時にこのRを使うことにより、髪の強度が増し、カラーの色持ちがよくなります。通常カラーをした後、お客様が次回来店する時にはダメージが目立つことが多いですが、その傷みを抑えます。使えば使うほど髪の強度が増していきます。
出典…NASH CORPORATION

という訳で試してみた結果、確かに発色はいい。
白髪の場合、が気になるがそれもない。
後は色持ちが良い事は色んな方が検証されているので間違いない。
という訳です。

是非ご参考にされてみてはいかがでしょう

Web予約はこちら
↓↓↓

上村公式LINE
髪のことや相談、質問などはコチラから
↓↓↓

友だち追加

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいねしてね

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。