クセには二つのタイプがあるのをご存知ですか?

日本人の8割が髪の毛に何かしらのクセをお持ちです。

どんなくせのタイプがあるのか?

  • 上は濡れているとクセが出るが乾くとくせが割と収まる湿気タイプの人。
  • 特徴としては割とクセが弱く伸ばしやすい。手ぐしで乾かしても収まりやすい。濡れているとクセが強く出る。

  • 下は乾いても癖が強く出る乾燥タイプの人
  • 濡れている時もクセが強く出る。もしくは少し伸びる。が、乾いていてもクセが強く出る。

    さてみなさんはどっちのタイプでしょう?

    そこで大事なのはそれぞれでケアの仕方が違うという事。

    湿気タイプのクセの人。

    元々湿度に影響されやすいのは髪の内部の水分が安定していないことが多いです。
    乾かす前にオイルタイプもしくはクリームタイプのアウトバストリートメントを馴染ませてから一気に乾かしましょう。
    ある程度のドライヤーで収まります。

    [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”4.jpg” name=”うえむ”]大事なのは水分を保っているように出来るかどうか。[/speech_bubble]

    乾燥タイプのクセの人。

    こちらのタイプの方は髪質が元々硬いタイプの方が多いです。水分も弾きやすい。収まりを良くするためにはストレートパーマや縮毛矯正などの施術が必要になる。
    ブローで伸ばしたり、アイロンでクセを伸ばしたりという作業が必要になる。もしくはクセを活かした様なスタイルがオススメ。

    [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”4.jpg” name=”うえむ”]太い、細いと言うよりも水分を含みやすいか弾くかで判断できます。[/speech_bubble]

    さてみなさんはどっちのタイプのクセでしょう?

    なかなか判断つきにくいと思いますが担当の美容師さんにちょっと聞いてみると普段のお手入れの仕方が格段に変わるかも知れません。

    是非聞いてみてください(^^)

    Web予約はこちら
    ↓↓↓

    上村公式LINE
    髪のことや相談、質問などはコチラから
    ↓↓↓

    友だち追加

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったらいいねしてね

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。