ホームカラーとサロンカラーの中身の違い

この時期どうしても増える自分で黒染めしちゃう人。自分で黒染めしたら痛んじゃいました。。。ならまだしも、それを明るくならないんでしてください。とオーダーされる方もいらっしゃるのでここで一度ホームカラーとサロンカラーの違いを説明しておきます。

  • ホームカラー

一般の方が使うのが目的なためムラになりにくい色味にしてあったり、形状もクリームタイプの物から泡状の物まで様々。混ぜやすい塗りやすい流しやすいなどの利便性重視。1剤のアルカリ量低めに、しかし、2剤の種類は一種類のみ。

  • サロンカラー

美容師が使うのでハケで塗るのが主流なためクリームタイプがメイン。1剤のアルカリ量はホームカラーと比較すると高め。2剤の種類は多数。色表現重視の為、色味もしっかりしている。

と、こういった違いの中から見えてくるのが。

カラー剤に対する想いの違い。

プロ仕様のカラーの場合、色表現重視で、ホームカラーの場合、利便性重視のトータルバランス。さらに、ホームカラーの場合仕上がりの手触りを良く感じさせるためのコンディショニング成分が豊富に含まれているのに対して、サロンカラーの場合はそれぞれに、カラー、トリートメントと、独立して専用のメニューがあるのでそれぞれの効果を最大限に発揮できると言うことです。

ここで、気になるのがぶっちゃけどっちが痛むのよ。となりますが、ホームカラーを正確に使いこなせればダメージは少ない。と、いうことになります。

使いこなせれば、ですがね。多分自分ではそこまで無理です。

すでに染まってる部分と、新しく生えてきた部分で、2剤、1剤共に変える必要が有るんです。

伸びた所には明るくしたいからチョット強めのカラー剤の調合。

以前にカラーをした所には明るくする必要はないのでチョット弱めの調合。色味をコントロールするためですね。

こうして、自在にカラー剤をコントロールして美容師はカラーを施術しているのですね。

ホームカラーではこういったカラー剤の使い分けが全くできないのです。なので結果的に髪が傷んでしまう。となります。

のーでー。是非こういったことも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいねしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。