ヘアカラー。暗くしたいけど暗くしたくない。

ヘアカラーのオーダーは繊細に。

微妙なニュアンスってありますよね。
明るい方が好きなんだけどちょっと暗めにしなきゃいけないみたいなやんごとなき事情。

お客様
いや、いつもの色もいいんだけど、好きなんだけどこのままだと明るすぎちゃうっていうかでも暗くはしたくないというか…

みたいな感じ。

もうニュアンスです。

カラーチャートを見せたところでこういった場合は結局わかりにくい部分も多々あり視覚的情報のせいで勘違いとお互いの意思疎通を阻害してしまう可能性があるので僕はあまり使いません。

もうニュアンスです。。

言葉や普段のライフスタイルや、時には仕事の都合などそういった細やかな所をどのように汲み取るか。

汲み取った結果の仕上がり

光の当たり加減で色の雰囲気が変わって見える。

もちろん暗くも見えるしさほど暗くもなく見えるように微妙なニュアンスというか。。。

絶妙じゃね???

もう満足です。

ストーリーズに投稿したら…

即レスありがとうございます(▭-▭)✧

Web予約はこちら
↓↓↓

上村公式LINE
髪のことや相談、質問などはコチラから
↓↓↓

友だち追加

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいねしてね

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。