サロントリートメントとホームトリートメントの違い

お家でトリートメントをしていても、いつも美容室だとそれでも勧められる。その理由とは?

IMG_5089.JPG

パーマやカラーの後は髪の毛はかなりの負担がかかってます。

様々な薬剤を使うので、髪に欠かせないタンパク質や脂質が、どうしても内部から流出してしまいます。不足した分をしっかり補給し直すこと。それがダメージ予防の第一歩。もちろん自宅でのケアも大切なのですが、美容室でするトリートメントは化学的処理をします。

パーマやカラーに含まれるアルカリ成分で、アルカリ性に傾いてしまった髪の毛を本来の弱酸性のpHまでしっかり戻すためのトリートメントや、補給した脂質、たんぱく質を流出させないための蓋の役割を果たすトリートメントなど。

カラーのもち、パーマのもち。大きく変わるものなんです。

ちなみに、ホームケアにあるものの多くはここまでの機能を持つものは少なく、どちらかというと、サロンでのトリートメントを更に長持ちさせ持続させる働きのものが多いのです。

お気に入りのカラーや、素敵なパーマデザイン。

今までよりも長持ちしたら嬉しいですよね^o^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいねしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。