BASICcut試験!

アシスタント時代にキチキチにCUTのBASICを叩き込みます。

試験試験。毎月試験。

試験管見習いの彼らの表情も真剣そのもの

BASICは何のためにあるのか!?

カットってそもそも自由なんですよね。
どう切っても、どんなハサミの使い方でも。
そう切った結果そうなる。
と、いう現象なわけで。

型にはまらず思った通りに切ってみることも大事なんですよね。

1+1=2?

ではなぜBASICが必要なのかというと

例えば真っ直ぐ切るってことを【1】とします。

【2】にしたければ【1】を知る。

もし【1】を知らなかったら2は創れない。

でも型にはまらないそんな事もある。

【1+1=2】

と言いましたが、実はそれだけじゃないんだよ。

〇+〇=2だとしたら?

答えは無限にありますよね。
6+(-5)でもいいし0+2でもいいし。
まぁ、別に=2じゃなくてもいいんですよね。
数学の正解はひとつだけってよく言われて育ったのですが、
こうするといく通りも思いついちゃうし、答えがひとつではなくなりますよね。

考え方や捉え方。
はたまた指導者の主観で変わるもの。

BASICはそういった事を伝えやすく、わかり易く。さらに応用までを考えて伝えていく。
これも僕の主観なんですけどね。

型にハマるのではなく型を理解する。

ギチギチにハマることで見えてくることもあるし、BASICを蔑ろにすることもなく、そういったことのために覚えて理解する。

知識として増やしそれを使って経験を増やしてゆく。

だからcutは自由なんだよ。
ってね。

そういった事を充分に伝えていきたいと思います。

公式LINE@

↓↓↓

友だち追加

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいねしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

横浜市Ash中山店 Creative Director 特にカットは絶対の自信があります!まとまらない、ハネる等髪質にお悩みの方は是非ご相談下さい。お客様ひとり一人と【供創】していく。僕のポリシーです!綺麗に美しく美髪、艶髪をナチュラルに作り出すカットと、ケアを提供させていただきます。上質なヘアデザインを皆様に。